合計閲覧者数: 現在の閲覧者数:

同級生が減っていくかも・・・

埼玉県教育委員会より発行される「埼玉県学校便覧」から県内公立高
等学校の学年別生徒数を毎年確認しています。生徒数は入学時と卒業
時では変化しています。

人数の変った学校の上位10校を発表しますが、生徒数が減る要因は留
年・退学、転居等による転校があり、反対に編入・転入による生徒数
の増加もあります。この数値は入学時の生徒数が3年生になった実質2
年間で何人減少したのかと、減少率が何%かを表記したものです。昨
年の順位も( )に表記しました。

【公立高校】
1.川口工業   90名 37.0%(1)
2.狭山工業   79名 32.6%(3)
2.玉川工業   79名 48.8%(4)
4.大宮工業   78名 27.5%(21)
5.進修館    65名 16.3%(43)
6.三郷工業技術 54名 26.1%(24)
7.越谷総合技術 58名 18.2%(79)
8.浦和工業   56名 23.4%(13)
9.宮代     55名 23.1%(6)
10.上尾橘    54名 26.2%(2)

川口工業はここ数年連続1位です。前回まで2位常連だった上尾橘は順
位を下げています。2位の玉川工業は募集停止校です。全体的に上位は
工業系・専門系が多く占めています。

昨年9位の鳩山が11位、同15位の岩槻北陵が12位で、下位校=生徒数減
の上位という傾向も続けて見られますが、改善に向かっているケース
もあるようです(統合や各高校の取り組みで)。

このような事態が長く続く高校は、入学してからのフォローに力を注
ぐなどの対策が必要でしょう。

これから志望校を選ぶにあたって、このような情報も目を通しておく
と良いかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「進みたい進路」ではなく、「進める進路」を選んだ結果ですね。
なぜ高校へ進学するのかを考える事もなく、周囲の空気にただ
流されて、皆が行くからとりあえず進学する典型のように見えます。

留年や中退くらいで人生は決まりませんが、そこから這い上がる
だけの覚悟を、果たしてその人間がどれだけ持てるでしょうか。

中退

埼玉県の高校中退者数は全国的にも上位だと聞いています。
せっかく縁あって入学した高校です。
頑張って卒業してもらいたいものです。

No title

驚きました。こんな資料を見たことはありません。退学者数に目をつけ、資料を作成され、発信して下さったこと ありがとうございました。
 私は縁あって川口工業高校に関わりました。校長先生は本気でした。私は応援団の一人として、職員研修、全校講演など、脳科学の立場から支援・協力を惜しみませんでした。生徒の意欲回復、ゆるみ・だらけ・無関心などに切り込みました。2年間の取り組みでしたが退学者は半減しました。入試の倍率も県下実業系高校で最高になりました。岡村市長、商工会議所、鋳物組合、機械組合など多くの支援者が生まれました。子どもは変わります。先生も変わります。学校も変わります。
必ず変わります。全国の先生方、校長先生方 頑張って下さい。先生よろしくお願いいたします。いくばくもない残りの人生ですがすこしでもお役に立ちたいです。  

No title

越総あたりは偏差値で言えば中堅レベルなんですが意外ですね。
専門学科は元々の不本意入学に加えて、入学後のギャップを感じる場合もあるのかも知れませんね。特に学科が複数ある工業系は商業よりその傾向が強そうです。
プロフィール

プロ家庭教師さいたま

Author:プロ家庭教師さいたま
プロ家庭教師さいたまで家庭教師をしています。生徒さんの成績が上がると嬉しさいっぱいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR