合計閲覧者数: 現在の閲覧者数:

29年度公立高校入試変更点

埼玉県教育局から平成29年度の公立高校入試の変更点が発表されて
います。その内容は以下の2点です。

1.学力検査時間の統一
学習指導要領に示された思考力、判断力、表現力等の能力をみる問題
に対して受検生がしっかり考えて解答できる時間を確保するため、社会
及び理科の学力検査時間をこれまでの40分から50分に拡大します。

2.学力検査問題の改善
数学及び英語の学力検査問題については、正答率が極端に低い問題
があるなど難易度の設定等に課題がありました。そのため、数学及び
英語の学力検査問題について、受検生一人一人が最後までしっかりと
取り組み、力が発揮できるよう内容を改善します。なお、学校の判断に
より、例外的に問題の一部に応用的な問題を含む学力検査(学校選
択問題)を実施することができます。また、「学校選択問題」は県教育
委員会が作成します。

要するに

・理科・社会は記述問題を増やし時間も50分で他教科と揃える
・英語・数学は解き易い問題を増やして少し簡単にするが、新たに
作成する応用問題を含む「学校選択問題」を学校ごとに選択できる

ということです。

↓採用した高校(ほとんど上位校ですね)
学校選択問題

会場模試も現在の時点でUPテストは「学校選択問題」レベルを取り入れ
る方向で、理科・社会の時間も50分にするようです。
北辰テストは変化なしの模様です。両模試とも受験者数に影響が出る
かもしれません。

今後心配なのは、平均点あるいは合格のボーダーラインとなる点数が
どうなるのかです。塾や学校などでは混乱が必至ですね。
様子を見守りたいと思います。


スポンサーサイト

説明会・セミナー出席報告

PTSは各学校説明会や入試関連のセミナーに参加しています。

3月3日は星美学園小学校の説明会に参加しました。

↓会場
20160303星美小

小学校受験に関しては既に各地区で説明会が行われています。


3月15日には「2017年度埼玉県立高校入試の変更点とその対策」と
いうセミナー((株)エデュケーショナルネットワーク主催)に参加しました。

↓会場入り口
20160315-1

来年度から県立高校入試は、

①理科・社会の試験時間が40分から50分に
(思考力・判断力・表現力の能力を見るため→記述問題が増える)
②英語・数学において「取り組み易い問題の比率を増やす」
③学校ごとに、「応用的な内容を含む学力検査」を実施することを
選択できる

これらの変更がなされます。

↓セミナー会場
20160315-2

詳しい内容については後にあらためて報告します。


PS:残念なことにセミナーのあった3月15日は高崎線が駅の配電盤故障で
止まった日だったため、出席した方々は大変でしたね。

公立高校追加募集

県教委から公立高校の追加募集について発表されています。

↓追加募集を行う高校
追加2016

受験日は3月18日(金)、3月22日(火)、3月23日(水)と日程が分かれています。
出願は、18日受験の高校は明日まで(15日)までです。

↓詳しくは埼玉県教育委員会のHPからご覧になれます。
https://www.pref.saitama.lg.jp/f2208/28nyuushi-jouhou.html

公立高校合格発表

公立高校は今日が合格発表でした。

もはや恒例となった近所の某高校へ合格発表を見に行きました。

↓発表の様子
20160310発表1

この高校は普通科の他に人気の高い理数科があるので、発表された
掲示板も理数科の方に注目が…

↓理数科の合格者番号掲示板付近
20160310発表2

ご両親と発表を見に来られて、喜びのあまり泣きだした女生徒の姿が
感動的でした。ご両親の目も…

帰り道、花びらが舞っていました。

桜よりも一足先に梅の花がお祝いをしてくれていました。


プロフィール

プロ家庭教師さいたま

Author:プロ家庭教師さいたま
プロ家庭教師さいたまで家庭教師をしています。生徒さんの成績が上がると嬉しさいっぱいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR