合計閲覧者数: 現在の閲覧者数:

公立高校入試倍率

埼玉県教育委員会から公立高校入試の出願変更後(1回目)の倍率が発表
されています。全日制普通科の平均倍率は1.19倍で、昨年の同時期と変
わりありません(昨年最終は1.17倍)。

以下は倍率が1.50倍を超えている高校(学科別)です。

学校名    学科等  前年出願 最終倍率  今回出願  変更後
大宮     理数    3.53   3.07   2.43   2.43
市立川越   国際経済  1.24   1.21   2.11   2.04
松山     理数    1.58   1.54   2.03   2.00
大宮北    理数    (今年新設)     2.05   1.98
市立浦和         1.70   1.63   1.82   1.80
和光国際   外国語   1.78   1.72   1.72   1.72
川越           1.59   1.50   1.66   1.66
坂戸     外国語   1.53   1.37   1.73   1.65
鴻巣女子   保育    1.28   1.24   1.65   1.60
越生     美術    1.23   1.20   1.60   1.60
市立川口   国際ビ   0.95   1.00   1.58   1.58
越ヶ谷          1.39   1.31   1.56   1.55
川越工業   建築    1.28   1.20   1.58   1.55
越谷総合技術 情報技術  1.73   1.54   1.60   1.55
越谷総合技術 食物調理  1.05   1.13   1.65   1.55
越谷北    理数    1.65   1.56   1.58   1.55
浦和一女         1.30   1.26   1.55   1.54
川口北          1.44   1.39   1.55   1.54
浦和           1.55   1.50   1.55   1.53
所沢北          1.51   1.44   1.55   1.53
草加南    外国語   1.13   1.22   1.55   1.53
蕨            1.75   1.66   1.53   1.52
浦和西          1.52   1.47   1.53   1.51
川越女子         1.65   1.58   1.51   1.51
南稜     外国語   1.55   1.50   1.45   1.50

市立川越(国際経済)、坂戸(外国語)などが変更後少々下がっています。
逆に南陵(外国語)は上昇しました。最終倍率がどうなるかは発表を待つ
ことになりますが、現在の所それほど大きくは変わらない様子です。

昨年との比較では大宮(理数)が大きく下がり、上位常連の蕨も徐々に
近年下げています。新設の大宮北(理数)と松山(理数)が上げています
ので、理数系及び外国語系の人気は全体的にはあまり変わっていません。
鴻巣女子(保育)が高いのは今後の流れから保育園増設が見込まれている
せいかもしれません。

トップ校では浦和が微増、浦和一女、川越が上昇、川越女子は微減で、浦和、
浦和一女は募集減も影響しているのでしょう。同様に募集減の所沢北、
越ヶ谷も上昇しています。

一方現段階で定員割れの高校は

学校名    前年出願 最終倍率 今回出願  変更後
川越初雁    0.97   1.03   0.99   0.99
狭山清陵    1.16   1.12   0.99   0.99
松山      1.09   1.05   0.98   0.98
妻沼      1.04   1.07   0.97   0.98
和光      0.91   1.04   0.97   0.97
深谷      1.09   1.07   0.97   0.96
宮代      0.87   1.02   0.94   0.93
八潮南     1.00   1.18   0.86   0.89
小川      1.04   1.06   0.85   0.86
鴻巣女子    0.84   0.95   0.81   0.84
蓮田松韻    1.11   1.03   0.79   0.80
北本      1.05   1.02   0.78   0.79
鳩山      0.88   1.00   0.70   0.71
越生      0.82   0.96   0.68   0.70
進修館     0.77   1.00   0.67   0.69

狭山清陵は募集増の影響と思われます。2回目の志願先変更後も定員割れの
可能性が高い高校は越生、北本、鴻巣女子、進修館、蓮田松韻、鳩山などで、
確実に公立高校合格したい受験生には狙い目です。
伝統校の松山(普通科)は2回目の志願先変更であと5人集まらないと定員
割れではありますが、理数科が人気なので結局定員は充足しそうです。

埼玉県の入試情報HPで倍率は見ることができますが、PTSのHPから
も倍率の変化を確認できます。志望校決定にお役立てください。

↓普通科
http://www.pt-saitama.com/10_Examination/kouritsu-hu.pdf
↓専門科
http://www.pt-saitama.com/10_Examination/kouritsu-se.pdf
スポンサーサイト

もう少し知識欲を

ソチオリンピックが始まってから数日経ちますが、日本選手も健闘して
いますね。女子のモーグルやジャンプ、フィギュア団体戦など、あと一歩
でメダルでしたが、世界中の選手が狙っているのですからそう簡単には
いかないんだと思います。

とにかく、ケガすることなくベストを尽くして頑張ってほしいですね。


さて、一方公立高校入試まであと2週間とちょっと。最後の追い込みで
受験生のみなさんは頑張っています。

しかしながら・・・

やっぱり理科とか社会とか苦手な生徒はいるものです。

大人のわたしなどからすると「ぇ、常識じゃん・・・。」と思う事を
聞いたこともない、と断言されることも多々あり、知識というものに
限ってはやはり年月が必要なのかなと思うことも多い最近です。

(例えば、県名・国名や県庁所在地などなど答えられない生徒は少なく
ありませんよ)


理科や社会という科目は、「外に目が向く」ことが必要なのです。


普段生活の中で、テレビや映画または読書(マンガも含む)に出て
きた様々な単語・地名などに対して「ふ~ん。」と流してしまわずに
「なるほど」と思えるような素地を子供のうちに作り上げる事が必要
なのです。

今、現実にもう受験を迎えようとしている受験生にそんなことを言って
も「時すでに遅し」なのですが、もしまだ子供さんが小学生くらいなら、
家庭の中でそのような下地作りは可能です。

「なんで・・・・なの?」と聞くお子さんにたいして「わかんない」
とか、「自分で調べなさい」ではなく、「じゃあ一緒に調べてみよう
か」という環境を作れれば良いのですが。

幸いなことに今の世の中、パソコンがあればいくらでも「ググる」こと
ができます。

わたしが子供のころのように、いちいち図書館へ行って百科事典を見に
いったりしなくてよくなったのは、文明の進歩だなぁと実感します。

ぜひ、小学生以下のお子様をお持ちの親御さんは心がけてみてください。


そんなこんなでとにかくもうすぐ受験です。

わたしの過去の教え子に、2週間で理科・社会の点数を合計50点伸ばした
生徒がいます。人間、必死になれば何とかなるものだという良い例です。

もっとも、そんなことにならないように、普段の学習が一番大事なのは

「言 う ま で も あ り ま せ ん」

いよいよ開始!

寒いですね><

ところで、ソチではオリンピックがスノボ、モーグルなどが予選開始に
なっています。

様々な競技で日本選手の活躍が期待されますね。

その中でも・・・

女子ジャンプの高梨沙羅選手には期待しています。

爽快な大ジャンプでこの寒さごと吹き飛ばしてほしいと思います。


さて・・・

受験生の皆さんも奮闘中です。

実力を出し切って、皆さんそれぞれの金メダルを勝ち取ってもらいたい
ですね。

頑張ろうニッポン!
プロフィール

プロ家庭教師さいたま

Author:プロ家庭教師さいたま
プロ家庭教師さいたまで家庭教師をしています。生徒さんの成績が上がると嬉しさいっぱいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR