合計閲覧者数: 現在の閲覧者数:

続26年公立高校募集人員

前回は普通科の増減をお知らせしましたので、今回は専門科の募集人員の
増減です。

もっとも、変更があったのはこれだけでした↓
専門増減2013

大宮北の理数科新設(普通科で-40)以外では合計40名減ということに
なります。

滑川総合で40名増なのは滑川町で中学生の在籍数が増えていたことと
関係あるのでしょうか。

とりあえず専門学科の方ではあまり大きな影響は無さそうですね。



スポンサーサイト

26年度公立高校募集人員

少々更新に間が空いてしましました。

24日に県教育局から「26年度公立高校生徒募集人員」が発表されました。
全日制普通科で募集総数は40000人で、昨年度の40160人から160人減少
です。以下に増減のあった高校を紹介します。

募集増の高校(50音順)
 校名   24年度  25年度  増減
入間向陽   320    360   40
浦和西    360    400   40
大宮南    320    360   40
春日部    360    400   40
川口     320    360   40
越谷南    320    360   40
狭山清陵   240    280   40
草加     320    360   40
(数字は人数)

募集減の高校(50音順)
 校名   24年度  25年度  増減
朝霞     360    320   -40
浦和     400    360   -40
浦和北    360    320   -40
浦和一女   400    360   -40
浦和東    360    320   -40
大宮北    320    280   -40
越ヶ谷    360    320   -40
坂戸西    360    320   -40
志木     320    280   -40
所沢北    400    360   -40
所沢西    360    320   -40
和光     240    200   -40
(数字は人数)

浦和、浦和一女等は昨年の臨時募集増から元に戻った形です。その他最
難関校では春日部だけが募集増になっていて、ある意味狙い目かも知れ
ません。上位校では浦和西が40名増となっており、浦和や浦和一女を
志望校にしながらボーダーぎりぎりの受験生にとっては考えどころに
なりそうです。大宮北の普通科は40名減りますが、40名の理数科を新設
します。所沢北、所沢西が各40名減となっているので、所沢地区の受験
生は志望校選びに注意が必要です。また越ヶ谷が40名減に対して越谷南
が40名増という事で、この地区も上位の春日部から中位校にかけて倍率
に微妙な変化を及ぼしそうです。

今後、11月初めに10月段階での希望調査倍率が発表になりますので、
受験生の皆さんは今回の増減に注意しつつ倍率を見て志願先を検討し
てください。

埼玉は本当に学力低い?

前に全国学力テストの結果で埼玉県が下位だった件で、
高校に入ってからはどうなんだろうと思っていたのですが、
意外と進学校(高校)多いですよね・・・

そこで最近のセンター試験の平均点(県別)を探してみました。

↓これです(950点満点換算)
2011center

埼玉県・・・9位ですよ?
かなり上位じゃないですか。

なんだ、安心したなぁ・・・と思ったら!

これには少しカラクリがある模様です。

それは「首都圏は5教科受験者の割合が結構低い」ということです。
私立大の入試もセンター試験を取り入れている関係上、3科目受験者
が多いようなのです。それで全体で平均点取れば・・・

もうお分かりですよね。


もっともわたしは中学までダントツの某県がこんなに低く・・・(略


また、何か見つけましたら紹介します。

埼玉サイクリングフェスティバル

今回も元気な先生たちの登場です。

いつもマラソンの記事で紹介しているS先生とM先生ですが、今回は
10月6日熊谷市で開催の「埼玉サイクリングフェスティバル」に参加
されていましたので、「まぁ、元気だねぇ」という個人的な感想はさ
ておきご紹介します。

↓コース
コース

自転車とヘルメットを借りて、参加費込みで6000円という意外とお
手軽な値段で参加できるようです。

↓左:S先生、右:M先生です。
スタート

S先生談
「エイドステーションが充実してメッチャ楽しかったです。二年前に
自分は30キロに出ましたが、今年は80キロのロングライドしました。
サドルに当たるお尻と足の付け根はメッチャ痛みましたが、楽しかっ
たので来年はみんな出ましょう。」

「そうですか・・・」



↓サイクリングの様子
様子

↓何か不明なキャラが・・・
変なキャラ


と、とにかく楽しかったみたいですねっ!


このような元気な先生たちをまた紹介していきます。
(たぶん・・・)

昌平・武蔵野星城・秀明栄光高校

参加した学校説明会で判明した各高校の推薦基準について紹介します。

昌平高校:
H26年入試変更点は
定員を400名から340名に(内部進学60名いるため)。
事前相談の基準(自己推薦)

↓学校の様子
昌平13


コース  クラス     単願SS 併願SS
特別進学 T特選      68    70
     特選       64    66
     特進アスリート  62    63
     特進       61    62
標準進学 選抜アスリート  58    60
     選抜     
内申・英検・皆勤・部活動・生徒会など加点
スカラシップ受験には加点制度は使えない
標準進学コースで事前相談でOKが出なかった場合
基準-1ポイント 入試時+15点  
基準-2ポイント 入試時+10点  
基準-3ポイント 入試時+ 5点
内申点による「中学推薦」もある。


武蔵野星城高校:
週4日通うAコース、進学目的で週5日通うBコース、通信制のCコースと
3コースに分かれていて、募集は140人。

内申の目安としては9科で18~20(不登校の生徒は9~11が多い)。
入試は学力確認試験+面接で、特に面接が重要です。
SSの目安は北辰テストで40~程度。

入試での点数次第で不合格もありえます。
高校過程をこなしていけるかが重要なため。
(高校では中学の復習からスタートします)


秀明栄光高校:
H25年度 受験者2702名、合格者2623名、入学者475名

↓学校の様子
秀明栄光2013


入試における「内申点」の目安
     単願   併願 (9科目)
特別進学  27    29
国際英語  26    27
総合進学  23    24

SSは明確ではないが~50程度

いずれの高校も加点制度や詳しい内容については各学校HPにて
確認してください。

プロフィール

プロ家庭教師さいたま

Author:プロ家庭教師さいたま
プロ家庭教師さいたまで家庭教師をしています。生徒さんの成績が上がると嬉しさいっぱいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR