合計閲覧者数: 現在の閲覧者数:

会場模試の使い分け

2学期以降、高校受験生は数々の試験の嵐に遭遇します。中間・期末テスト
や学校で行われる「実力テスト」(三者面談の材料にされます)、そして
校外で受験する「会場模試」です。

普通に考えても1ヶ月に一度以上は必ず試験がある計算です。しかし、ただ
闇雲に試験を受ければ良いという訳ではありません。それぞれの試験には
特徴があることを知っておくべきですね。

埼玉県で代表的な会場模試としては「北辰テスト」があります。
最近よく言われているのが北辰テストと公立入試問題との乖離です。
どちらかといえばこの北辰テストは私立高校向けの模試だと言えます。
実際、県内私立高校の「カクヤク」は12月までの北辰テストの偏差値で
ほぼ決まってしまいます。

と、言うことは私立高校の受験は12月までで決着してしまう(難関校を
除いて)訳ですね。

北辰テストの今後の日程は
第4回9月2日(日)
第5回10月7日(日)
第6回11月4日(日)
第7回12月9日(日)
志望校確認テスト(公立入試タイプ)1月27日(日)

次に「UPテスト」です。こちらは公立受験向けの会場模試と言える
でしょう。問題傾向なども公立受験にそっくりにできています。

公立受験への腕試しが目標ならばこちらの方が良いかもですね。

UPテストの今後の日程は
第1回8月26日(日)(実施済み)
第2回9月23日(日)
第3回10月28日(日)
第4回12月2日(日)
第5回1月13日(日)

最後に「駿台模試」です。これは学力上位の中高一貫校在籍者を対象と
したハイレベルな記述模試です。私立難関高入試を目標にしている生徒
向けと言えます。

難関校を目標にしているならば、力試ししてみるのも一手ですね。

今後の日程は
11月4日(日)

中学での定期試験との兼ね合いもありますので、無闇に受験する必要は
ありませんが、常に「現在の実力」を測る目安としてこれらの試験を利用
すべきですね。

以前指導していた生徒で、そこそこの実力はあるのに会場で模試を受験
してくると点が取れない生徒がいました。

聞いてみると、「ボーっとしちゃうんだよね><」との返事。
プレッシャーに弱いタイプなら、本番まで予行演習として会場模試を
受験するのも良いかもです。

スポンサーサイト

ちょっとためになるサイト

ネットの記事でおもしろいものを見つけましたのでご紹介です。

「nanapi.jp」というサイトで英語の文法についてわかりやすく説明して
います。ちょっと引用してみます・・・

皆さんおなじみの、未来形表現「will」と「〜be going to」。
中学校の英語の授業ではいずれも、「(未来で)〜するつもりだ」という意味
だと教わりませんでしたか?そしてwillと〜be going toどちらを使って
も同じ、と。

しかし、この二つの単語には実は根本的なニュアンスの違いがあります。
同じように使っても大間違いではありませんが、微妙な意図のズレが生じます。
今回はそのニュアンスを考慮した上での使い分け方をご紹介します。

ポイント

大まかに言うとwillは話しをしている(主語になっている)人物の意志、
〜be going to は計画された客観的未来だということを覚えておいてください。
これだけだと非常に抽象的なので、詳しく説明しますね。

willとは

willを使う場合、その内容の発信源は話し手の意志なのです。なので、
たった今下したとっさの判断などにはwillを使うことができます。
「よし、(これから)やるぞ」といった主観的な意志といってもいいかもしれません。

「奇麗な夜景が見える場所があるんだよ」と言われて「今夜行ってみるよ。
(I will go there tonight.)」と答える。「そうやってみたらどう?」
と提案されて「やってみます(I will try.)」と答える。いずれもwillが有効です。

動作主の「強い意志」はwillの持っている大事なニュアンスです。有名な
「We will rock you.」のフレーズも、「揺るがして(rock)やるぜ!」
という意志があってこそのwill。

ちなみに、「will」は名詞の「意志」としても使われます。
【例:「Where is your will? (君の意志はどこにあるんだい?)」】

また、willの二つ目の意味、「~だろう」という推測の意も忘れてはなりません。
これは、後の【例】の項目でまた補足します。

〜be going toとは

〜be going toは話している人物の意志よりも、以前からその内容が決まって
いたり、話し手の意志とは関係なく起こるという意味合いを含みます。意志と
は別に流れている事実とも言えます。

なので、もし「奇麗な夜景が見える場所があるよ」と言われて
「I'm going to go there tonight.」と答えれば、それは答えた側も
以前からその場所を知っていて、何らかの行く計画が成されていたことになるのです。

もしくは、本人の意志とは関係なく行かなけらばならないのでしょう。

この場合、「I will go there tonight.」が話し手の率直な意志を含む
のに対し、「I'm going to go there tonight.」には客観性や計画性が
感じられます。

また、友人と話している際に中座し、「I'm going to go to the bathroom.」
(トイレに行ってくる)と言えば、本人の意志とは関係なしに、生理現象なので、
ただ「行ってきます」と述べるニュアンスになります。



それでは、この二つの単語の使い分けをシチュエーションごとに見て
いきましょう。

例1:「今夜パーティがあるんだよ!来ない?」などと誘われ、
「行くよ」と答える場合。 「I will come.」が自然。

誘われた現在の意志なので、シンプルに「I will come.」
「I'm going to come.」だと「え、今誘ったのにいつから決めてたの!?」
という印象も与えかねません。

例2:「明日の天気は?」と聞かれ、「明日は雨だよ」と答える場合。
「It will rain tomorrow.」→一般的に、”明日雨だろう”、と答えて
います。ニュースなり空模様なりから判断できたのでしょうね。天気は当日
になってみないと実際に分かりませんので、推測の表現になります。

助動詞「will」には,「~だろう」という推量を表す用い方があるので、
「It will rain」は「雨が降るだろう」と訳すことができます。天気の
場合はこの訳の方が自然ですね。

「It is going to rain tomorrow.」→既に得ていた情報により、事実
として明日は雨であることがわかっていたニュアンス。大型低気圧でも接近
の軌道にあるのでしょうか。

例3:「宿題はいつやるの?」と聞かれ「今夜やるんだ」と答える場合。
「I will do it tonight.」→「やるよ!やるのさ!」という意志も感じ
られますが、本当にやるつもりだったのかは定かではありません。
「I'm going to do it tonight.」→「今夜やるつもりだよ」と、事前
にスケジュールが組まれていたような、計画的な返答。

例4:ターミネーターが、去り際に「また戻る」と言う場合。
「I'll be back.」→戻って来てくれる意志も感じられ、自然です。
カッコイイです。

「I'm going to be back.」→「いゃ元々戻るつもりでやってますから!」
というような、胡散臭い決め台詞。
(↑ここまで引用です)


こんな感じの内容で、わかりやすくておもしろいので、興味のある方は
ググってみてください。

「nanapi.jp」でサイトを開いたら、「語学・学習」から英文法を探すと
出てきますよ。


実はこれと同じ内容を受験生に教えていたので(ちなみにわたしは最後の
ターミネーターの例がツボでした)「ふ~ん」と感心し、紹介してみました(笑)


夏休み後半、生徒たちは今、必死に頑張っています。

アンケート結果です

今年7月21日(土)、22日(日)10:00〜17:00にさいたまスーパー
アリーナで催された「2012年彩の国進学フェア(第12回)」において、
PTSの協賛ブースで、受験生を中心にアンケートに答えていただいた
結果についてまとめましたので報告します。

アンケートに答えていただいた人数は男子97人、女子117人、
中3が189人、中2が24人、そして小5女子1人の計214人でした。

地区別では
さいたま市内90人で全体の42.1%(昨年は29.8%)
JR東北・高崎線沿い(さいたま市含)146人で68.2%(同58.2%)
春日部・越谷・久喜・幸手・三郷など県東部46人で21.5%(同26.2%)
入間・川越・所沢など県西部22人で10.3%(同15.6%)

今年の傾向は昨年に較べてさいたま市内、JR東北・高崎線沿いの生徒
さんが増えていることです。

全体の通塾率は63.8%でした。

定期テストの得点平均は345点、通知表の平均(9科合計)は32、
北辰テストの偏差値の平均は3科58、5科57でした。

第一志望を決めている生徒さんは128人でその内訳は

県内公立116人(全体の90.7%)
私立高校 12人(同9.3%)

ほぼ半数以上の生徒さんは第一志望校を決めて来場しているようです。
県内公立志望の生徒さんのうち、18人が浦和、浦和一女、大宮、川越
女子、春日部、越谷北、不動岡、蕨、市立浦和など難関校を志望して
いました(14.1%)。

普段の学習時間の平均は部活動をしている場合は1日0.9時間、してい
ない場合は1.5時間でした。

普段の学習時間、夏休みに入ってどれくらい増やせるかが勝負の分かれ
道になりそうですね。

1日のうちで自分が勉強しやすい時間帯を作ることが大事です。
お勧めはご飯の前(笑)

頑張ってご飯を食べてのんびり・・・。さらに頑張ってご飯を・・・
太りそうですね(苦笑

気分転換を間にうまく挟んで集中できる時間をできるだけ持続させる
ことが大切ですよ。

暑いけど、がんばれ~

暑いですね><

夏休み真っ盛りで、受験生の対策&オリンピック観戦&夏バテ(早くも)で
もう、グタグタの毎日です(苦笑

生徒のお宅を訪問して第一声で「暑い、溶ける~」と言ったら大笑いされて
しまいました・・・

まぁ、体型的にも脂がたっぷりありそうな感じですのでリアルさが感じら
れたのかもしれませんね。

ところで・・・今受験生たちは頑張っていますよ!

目的を持ってチャレンジしている姿って美しいですね。

オリンピックで頑張っている選手たちと思わず重なって見えてしまって・・・

夏を制する者は受験を制すると昔から言われていますが、ここで頑張れた
生徒は必ず良い結果をこれまで得られています。

今指導している生徒たち・・・そしてロンドンで頑張っている選手たち

それぞれにエールを贈っているこの頃です。

オリンピックの方はビール片手に(ぁ
プロフィール

プロ家庭教師さいたま

Author:プロ家庭教師さいたま
プロ家庭教師さいたまで家庭教師をしています。生徒さんの成績が上がると嬉しさいっぱいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR