合計閲覧者数: 現在の閲覧者数:

いつから?

中2生のお母様から聞かれました。

「受験はいつ頃から意識すればいいですか?」

答えは・・・

「今頃からでちょうど良いかもしれませんよ。」

その理由は

学校の定期テストで上位の成績を修めていたとしても、定期テストと
入試型の学力テスト(会場テストの北辰テストなども)とでは問題の
傾向が違います。

定期テストとはあくまで「範囲の決まっている」試験であり、やり様
によってはある程度の成績を取ることは可能です。

しかし、入試は中学の全範囲から出題されます。
約半分程度は中1、中2の範囲から出題されます。

ということは

中1、中2の内容をしっかりと押さえておくことが重要、ということな
のです。

しかも中3の数学・英語に関してはそれまでの内容をある程度理解でき
ていないと、苦戦するのは必至です。

したがって

中2生のうちにある程度それまでの内容をおさらいしておかないと、
中3になってからが大変、といことなのです。

まして、

中3の頭には部活もピークを迎えます。気が付くと一気に夏休みになって
しまいます。

なので

今から春休みくらいまでの間に弱点をしっかりと対策しておくことが
重要になるのです。

志望校、将来の夢・・・今決めてといってもなかなか難しいです。

しかし

準備は今のうちからしておいた方がいいですよね。

スポンサーサイト

帳尻合わせ?

この時期生徒たち、特に中3生は期末テストです。

2学期末の試験なのにこの時期なのは内申書の関係です。

12月の頭には内申書を作らなければいけないので、中3生に関しては
前倒しで行われる場合が多いです。

しかし・・・

教科によっては、特に数学の進み具合は中学によってバラバラです。
すでに相似・円周角まで終わっている中学があれば、2次関数の応用
から相似の頭までしか届いていない中学もあります。

「間に合うのかな?」

いえ、これは受験に向けての話です。

中学3年の3月まで、と考えると別に問題はないのですが、私立の入試は
1月末~2月初旬ですし、公立の入試だって3月初旬ですから、場合に
よっては学校では習っていない若しくは学んですぐに受験というケース
がありえます。

どうもそういう意識を持っている中学と持っていない中学があるよう
ですね。

生徒にとって問題はもっと切実です。

それでも入試に無理やり間に合わせようとすれば、授業ペースが急に
上がったり、テスト範囲が異常に長くなったりしますよね。

現に今回の期末テストでも「なんだこりゃ」という範囲の中学があり
ました。2次方程式の利用から相似全範囲、さらには円周角まで・・・

中3の数学の難しいところをこれだけ並べられたら、数学の苦手な生徒
はもうギブアップです><

もう少し年間計画をきちんと考えてほしいものです。


「最後に帳尻を合わせておけばいいや・・・」

そういう教師がいないことを切に願います。

公民が苦手?

中3生の社会は「公民」分野です。
ところがこれまで社会が得意と言っていた生徒でも苦戦しています。

これは困ったことです。

実際公民分野で学ぶ内容は、実生活においては知っていなくてはいけない
ことが多いです。政治・経済・法律についての基礎的な知識だからです。

これらを知らないと社会に出たときに困りますよね。
TVでニュース番組を見る場合も、基礎知識がなくては理解できません。

もっとも、ニュース番組の方にも責任はあります。専門的な言葉を説明
せずに並べ立てていては、見ている人が興味を持てないのも無理はあり
ません。

そのため、最近では池上某さんがTVに引っ張りダコですよね。


なので・・・学校の授業でももう少し工夫して教えてほしいものです。

例を出して、事件や政治問題のニュース報道の映像を見ながら、
「これはこういう理由でこのような事になっている」
的な説明をし、わたしたちの生活にこのように関係してくるのだという
ようにしてくれれば、もう少し興味を引くことができるのでは・・・


ご家庭でできることの一つに、ニュース番組を見ることを習慣づけする
というのがあります。あとは歴史分野の番組や、自然遺産の番組などで
も良いです。

幼い頃から家族でこれらの番組を一緒に見て話し合う機会があれば、
色々な事に興味を持つ可能性がありますよね。


社会や理科という科目は「興味」を持つことから始まります。
ですから、「興味」を持つような環境を作ることが必要です。


最後にお勧めのTV番組を一つ・・・

某国営放送のEテレの朝6:55からの番組(有名ですよね?

この中でやっている「知っているといばれるの歌」(笑)


プロフィール

プロ家庭教師さいたま

Author:プロ家庭教師さいたま
プロ家庭教師さいたまで家庭教師をしています。生徒さんの成績が上がると嬉しさいっぱいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR