合計閲覧者数: 現在の閲覧者数:

夏休みも残りわずか

長~いお休みのはずの夏休みも気づけば残り10日足らず・・・

お盆休み明けから指導再開したのですが、今指導している生徒たちの中でも
明暗が・・・

なんと約半数の生徒は宿題が終わっていません!
一体君たちは8月の中旬何をしていたのだぁ!(愚痴です

お盆前にはほぼ終了が見えていたのに・・・
(計画では8月初旬には終わるはずだったよね

その中にはなんと中3生も(泣

これから先、9月4日の北辰テストをはじめ、学校によっては5日には
学力テスト、10月頭にはまた北辰、中旬から中間テスト・・・

テスト漬けじゃないですか!

今しか準備する期間がないというのにこの体たらく・・・

家庭教師としての責任を痛感しつつ、今、心を鬼にして宿題とともに
これまでの総ざらいをさせているのでした・・・

スポンサーサイト

美術の宿題とか

今日は終戦記念日ですね。

某国営放送局始め、各テレビ局でも特番が目白押しです。
都内某所で戦時中の映像などが見られる展示があるようです。
もし機会があればわたしも見てみたいと思っています。

ところで、夏休みの宿題につきものの絵画、とか自由研究とか、作文とか
悩んでませんかっ?

指導中のある生徒はメチャ悩んでます(笑)

でも、ひとつ疑問が・・・

絵画や作文なのですが、宿題として提出させるのまではいいのですが、
その後「ここはこうしたら?」とか個別にアドバイスとかはあるので
しょうか?

「提出すれば良い」という結果になりがちな気がしています。
その証拠に・・・前述のある生徒、いつまでも絵がうまくなりません。
(もちろん才能の問題もあるのかも知れませんが、ね)

ただ、遠近法とか色の塗り方とか・・・あまりに知らなすぎます(泣)

ここ数年まったく変化がありません。

なので、先ほどのような疑問が浮かぶわけです。

課題を与えるのはいいのですが、フォローをされているのでしょうか?
形だけ整えば良い、という日本人の悪しき習慣に染めないよう、学校
には気を使ってもらいたいものです。

作文についてはいずれまた・・・


公立高校の内申基準

7月に県教育委員会から各公立高校の選抜基準が発表となりました。

前年度から変更のあった学校は12校で、そのうち3年生の評定を
UPした学校は7校でした。

前年度の変更校(18校)には市立浦和、川越女子など難関校があり
ましたが、今回はSS50以下の高校だけで、評定の取り扱いも落ち
着いてきたようです。

今回変更のあった高校は、

芸術総合  1:1:3 → 2:2:3
越谷東   1:1:3 → 1:1:2
庄和    1:1:3 → 1:2:3
大宮工業  1:1:3 → 1:1:1
川口東   1:1:2 → 1:1:3
狭山清陵  2:2:5 → 1:1:2
宮代    1:1:1 → 1:1:2
上尾鷹の台 1:2:2 → 1:1:3
飯能    1:1:2 → 1:1:3
蓮田松韻  1:1:1 → 1:2:3
杉戸農業  1:1:1 → 1:1:2
岩槻北陵  1:1:1 → 1:1:2  です。

以前は、‘1:1:3’が大半でしたが、
24年度は‘1:1:2’が多くなっています。

1年:2年:3年の評定取り扱いが全高校から見てどのような構成
かを分析してみました。

1:1:2   10% (13%、14%)
1:1:2   41% (39%、36%)
1:1:3   33% (34%、33%)
1:2:2    1% ( 1%、 1%)
1:2:3    7% ( 7%、 9%)
1:2:4    1% ( 1%、 1%)
2:2:3    5% ( 4%、 4%)
2:2:5    1% ( 1%、 1%)

注)*24年度の大宮東と飯能南は科によって取り扱いが違うので
  2校としてカウントしました。
  *( )内は左が23年度、右が22年度の%です

9割の学校が3年生の評定をプラスで見てくれます。
前々年度より1点の差で合否がよりハッキリと分かれます。

なので、中3生の方は通知表を上げる努力が必要です。
評定の取り扱いも理解し、特別活動、その他の項目の得点でもプラス
となるよう、入試時の得点を底上げしておかなくてはいけません。
それが可能な期間は12月(2学期末テスト終了時)までです。
(調査書の保護者への通知は今年度より2月7日までとなりました)

公立難関校の先生方は、内申では差が出ないので、学力テストで8割
以上とか9割近くが必要と言っています。確かに評定で45、検定で準
2級以上を取得し、更に部活動や生徒会で活躍した人は差が出ません。
ただ、1点の差で合否が決まることを考えると、たとえ1点でも大切
にしましょう。


詳しく知りたい方はPTSのHPからご覧になれます
プロフィール

プロ家庭教師さいたま

Author:プロ家庭教師さいたま
プロ家庭教師さいたまで家庭教師をしています。生徒さんの成績が上がると嬉しさいっぱいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR