合計閲覧者数: 現在の閲覧者数:

高校入試問題を見て

先日行われた公立高校前期入試問題についてです。

県教育局は5教科(500点満点)の平均点の合計を275点と予想して
います。内訳は国語60点社会55点数学50点理科55点英語55点。

問題を見た感じでは全体的には難易度は低くなっているのではないか
と思われ、予想平均点については納得できる部分もあります。しかし
科目別に見ると、ますます成績の開きが大きくなるのでは、と思う部
分もありました。

科目別では

国語:例年通り、「読める」生徒と「読めない」生徒で大きく点数
は変わりそうです。最後の古典では漢文も入り、苦手な生徒はより
苦戦を強いられたのでは、と思われます。漢字は比較的簡単だった
気がします。

数学:考えさせる問題が多く、点数の開きは大きくなりそう。これ
までと大問1の二次方程式の問題の出方が変わっているので、対応
できなかった生徒は多くなりそうです。関数の問題より図形の方向
へよりシフトされた気がしています。思ったより点数は二極化する
と思います。

英語:長文が短くなっているような気がします。五文作文など書く
問題が多いのは相変わらずですが、穴埋めなどがやや簡単になって
いるような気がします。平均点は上がるのではないかと思われます。

理科:序盤の一問一答は簡単で、例年の「実験」の問題というイメ
ージが変わりつつあります。分類の問題が遺伝の問題とリンクされ
ていたので、得意不得意が分かれるかもしれません。

社会:表やグラフから答えを導き出す問題が増えてきていて、知識
だけを問う形からだんだんと変わってきています。地理に関しては
簡単になった気がしますが、基本的な知識である県名を問う問題で
は意外と不得意な子が多い北陸が出ていて興味深かったと思います。
歴史では予想通り近世が出ていました。

実際の点数については6月頃に教育局から発表されますので、それ
を見て来年受験の生徒たちへ伝えていこうと思います。
スポンサーサイト

明日!

受験前の最後の指導が終わりました。

生徒たちもやるだけやってくれたと思います。

あとは祈るのみ・・・。

ということで、先ほど帰りがけに神社に寄って、お願いしてきた
ところです。

最終倍率は予想通り昨年より高いところが多く、苦戦だと思います。

わたしの指導している生徒で、昨年より倍率が下がった子はいません
でした><

わたしが最後に生徒に言ったのは・・・

「落ち着いて、できる問題を確実に解くこと。そして最後まで諦めず
一問でも多く書いてくること」です。

前提として、解いた問題を見直すのは言うまでもありません。

とにかく、食いついて合格を勝ち取ってきてもらいたいものです。

24日の合格発表を楽しみに待ちたいと思います。



た・い・へ・ん・だ

指導から帰ってきて、公立高校前期倍率pdfファイルをダウンロード・・・

うわぁ><

のきなみ昨年まで定員割れ近かった学校の倍率が高いこと。

これは・・・大変・・・だ。

まぁ予測通りではあるのですが、約1名このゾーンの受験生が(苦笑

最後の踏ん張りで乗り切ってほしいものですが、やっぱり倍率が高い
と胃に悪いですよね><

ご両親から、空いてる日は毎日でもお願いしますと仰っていただいて
いますので、なんとか良い結果をつかませてあげたいと思います。

プロフィール

プロ家庭教師さいたま

Author:プロ家庭教師さいたま
プロ家庭教師さいたまで家庭教師をしています。生徒さんの成績が上がると嬉しさいっぱいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR